1. ホーム
  2. 株主・投資家のみなさまへ
  3. IR基本方針

IR基本方針

1.業績予想および将来の予測に関する注意事項

当社が決算短信上において公表する業績予想および将来の予測に関するものは、公表当時の予想であり、その内容を保証するものではありません。実際の業績は、様々なリスクや不確定な要素により、予想と大きく異なる可能性があります。なお、見通しの変化が生じた場合には、速やかに新たな業績予想等を公表いたします。

2.12時間ルールについて

2004年2月1日、証券取引法施行令第30条 (12時間ルール) が改正され、TDnet(適時開示情報伝達システム)を通じて情報を公表した場合、公表と同時にインサイダー取引規制上の公表措置が完了することになりました。従いまして、TDnetを通じて情報を公表した後に、速やかに同様の情報を当社ホームページに掲載いたします。なお、TDnetによらずに重要事実を2社以上の報道機関に公表した場合は、従来通り12時間以上経過した後に、当社ホームページ上に同様の情報を掲載いたします。

3.沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、原則として決算日及び四半期決算日の翌日から、決算発表日までの期間を「沈黙期間」として、決算に関連するコメントや質問に関する回答を差し控えることとしております。ただし、「沈黙期間」において、重要事実が発生した場合などには、それに従い適時に情報を公表することとしております。なお、「沈黙期間」であっても、すでに公表されている情報に関するご質問等につきましては対応させて頂きます。