1. ホーム
  2. 会社案内
  3. 沿革

沿革

昭和26年3月
中央商事株式会社を創立し、鋼管の販売を開始。
昭和28年4月
建設用仮設機材の製造販売を主なる業務とする。
昭和28年11月
中央仮設鋼機株式会社に社名変更。
昭和30年4月
総合建設業として、設計施工開始。
昭和31年3月
大阪出張所開設(現 関西支店)
昭和33年8月
名古屋出張所開設(現 中部支店)
昭和34年4月
福岡出張所開設(現 九州支店)
昭和35年10月
札幌・広島に各々駐在員事務所開設(現 各々営業所)
昭和36年3月
仙台営業所開設(現 東北支店)
昭和36年5月
東京店頭登録銘柄に株式を公開。
昭和36年10月
株式を東京証券取引所市場第2部に上場。
昭和37年2月
名古屋工場(大府市)開設。平成 7年3月愛知県半田市に移転。
昭和38年8月
千葉工場(四街道市)開設。
昭和44年4月
仮設機材のリース業務を開始。
昭和44年9月
現社名「中央ビルト工業株式会社」に社名を変更。
昭和51年4月
金沢出張所(現 北陸営業所)開設。
昭和54年6月
仙台機材センター(宮城県山元町)を開設。平成10年1月大衡町へ移転。
昭和54年6月
草津機材センター(滋賀県草津市)を開設。
昭和55年12月
厚木機材センターを開設。
昭和55年7月
東海機材センター(東海市)を開設。平成3年10月半田市へ移転。
平成5年4月
広島機材センター(広島県佐伯町)開設。
平成6年2月
中央ビルトリース株式会社を設立。
平成6年7月
中央ビルトエンジニアリング株式会社を設立。
平成8年11月
中央クレオ建設株式会社を設立。
平成11年8月
北九州機材センター(福岡県中間市)開設。
平成13年3月
中央ビルトリース株式会社・中央クレオ建設株式会社を解散。
平成14年6月
神奈川営業所(神奈川県厚木市)開設。(現 神奈川支店)
平成15年1月
建設部門を廃止し、一部をエンジニアリング部として機材・鉄構部門に移管。
平成16年6月
建設(エンジニアリング)部門から完全撤退。
平成16年7月
「私的整理に関するガイドライン」に基づく再建計画成立。
平成16年8月
国土交通省より産業活力再生特別措置法に基づく事業再構築計画の認定を受ける。
平成16年12月
子会社中央ビルトエンジニアリング株式会社を清算結了。
平成17年3月
東北営業所(宮城県大衡村)を仙台市より移転。
平成17年10月
東京証券取引所 における所属業種 が「建設業」から「製造業(金属製品)」に変更。
平成20年3月
「5ヵ年再建計画」を1年前倒しで終結。
平成20年12月
東北営業所(宮城県山元町)を宮城県大衡村より移転。
平成21年3月
本社(中央区日本橋富沢町)を中央区日本橋堀留町より移転。
平成24年4月
東北営業所を東北支店へ変更。神奈川支店を東京支店へ統合。
平成28年12月
北陸営業所(金沢市広岡)を金沢市此花町より移転。